2008年02月27日

強風ですが、少し暖かです

畑に立ち鍬持つ農夫の身も伸びる

 この辺り、田園地帯では田畑に農家の人の姿が目立つようになりました。米造りの準備が始まります。4月中旬の田植えを目指して、苗の準備に取りかかるのです。
 稲作も、私たちが子供の頃とは様変わりしました。大きな違いは機械化が進んだことと、時期がぐんと早くなったことです。例えば、田植えの時期は6月に入ってからだったのが、4月中旬にまで早くなりました。それにつれて取り入れの時期も10月から8月のお盆の頃へと早くなりました。
 もう、1ヶ月もすると農業機械の音で賑やかになります。
ラベル:農業機械 田植え
posted by モン太 at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。