2008年02月14日

ナリピタン臨床試験最終報告

 やがて一瓶が終わります。結論からいうと耳鳴りは止まりませんでした。依然として私の耳の中で蝉が元気に鳴いています。長年、付き合ってきた強固な耳鳴りは、新薬を撃退したようです。
 耳鼻科にも行き、新薬も試し、長年、不快な思いをしている耳鳴り、やっぱり一生の付き合いになりそうです。我慢すれば良いのです。何かに集中していると気にはなりません。気にしないようにすれば良いのです。
 よく聞いてみると、耳鳴りも前衛音楽に聞こえなくもありません。シンセサイザーを使った音楽に似ているところもあります。決めました。これからはこの音楽のボリュームコントロールの方法を会得し、出来ればスイッチのオンオフが出来るところまで頑張ることにしました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 追記しておきますが、ナリピタンが全ての方に効かないということではありません。たまたま私の耳鳴りがナリピタンの効能・効果以外の症状だったのか、或いはもっと続けて服用すれば良いものか、その辺のところは分かりません。
posted by モン太 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。