2015年07月04日

暴れ川・那賀川

大京原橋サイズ変更.jpg

橋の裏側.jpg

こんなサイトに行き当たりました。
http://suido-ishizue.jp/nihon/nakagawa/index.html
http://www.pref.tokushima.jp/bridge/docs/2015021000401/

今日の一句

橋脚にもたれ一汗拭いけり

ウォーキングのコースを元に戻した。
この橋の二百メートル上流から下流に向かってJR鉄橋まで往復約5キロ。
ここから家まで500〜600メートルあるので合計6キロあまりの歩行距離である。

ウォーキングで下を通るこの橋、昭和49年の竣工。
この橋が架かる前、潜水橋があった。
台風のたびに増水して濁流の下に沈んでしまう。
中学生の頃、対岸より通学していた同級生が強風で川に落ち一週間後に下流で見つかった。
哀楽の記憶の残る「暴れ川・那賀川」である。


ポチッと応援よろしくね!
posted by モン太 at 14:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
ここ数日、湘南は雨が降り、梅雨であることを しっかり主張しているような毎日です。

 「凌霄花(のうぜん)の地に色落とし雨の朝」

本当に地に落ちたばかりのノウゼンカツラは、そのままの色で美しいですね。ステキな句ですね。

黄色っぽい カザブランカって珍しい〜!と、モン太さんの写真を見て思ったのですが(私は白のカザブランカしか育てたことがないもので)、昨日 逗子桜山の友達の家に行ったら咲いていました。あらっ〜!と思いました。

上のサイト、時間がある時に ゆっくり読みたいのでお気に入りにいれました。
何だか、大昔の津軽(本で読みましたが)みたいかな?と思いました。

怖いのは 海、山、川・・・自然のことなので、いつどうなるかわからないので怖いですね。まぁ、今は自然だけではなく、怖いもの、安心できないものがたくさん、たくさんありますが・・・

家で静かに ゴロリしながら本読んでいるのが一番ですが、動けるうちはそうもいかず・・・
でも、今から 1時間だけ ゴロリします。(朝刊、読みかけの本が積んであるので)
Posted by sea at 2015年07月05日 13:19
seaさん、こんにちは。

きもちよくおひるねできましたか。

関東地方は大変な雨のようですね。

こっちは、どんよりですが降ってはいません。

案外、涼しいですよ。おかげさまでエアコン、故障のままで、今のところは過ごせています。

seaさんの仰るとおり、怖いものが増えました。防災や災害対策をすることによって、ある面では安心できるようになりましたが、反対に考えると自然に手を加えることによって、将来起こることまでは予測できませんから。
こんなこと、けんいちろうさんと度々やりとりしたような気がします。

私には関係のない連休でしたが、明日は一応の再スタート日です。
また一週間、頑張ってみます。

Posted by モン太 at 2015年07月05日 17:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。