2011年06月24日

雲海に浮く

P6180031-1.JPG
スーパー林道より

今日の一句
連山の雲海に浮き漂えり

その後に、いろいろ聞いてみた。
先週の雨の中、スーパー林道を走ったことについてだ。
詳しい大勢の人たちは、
「雨降りや、雨の後の数日は行かない方がよい」
「鹿を見なかったか?雨で岩場が弛んでいると、鹿の一蹴りで落石する」
そういえば、ニホンカモシカに3度、出会った。一度はカーブを曲がった途端、10メートルの前方を駆け上がっていった。確かに小石が落ちてきた。

そんな意見を纏めると、先日のは冒険だったのだ。
天気が安定したら、再び那賀川の源流を目指す。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:雲海
posted by モン太 at 13:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ!
 「鹿の一蹴り」、怖いですね〜!
あの、カモシカのような足と言われていますが、ひと蹴りで 恐ろしことに。。。

上高地でも、土砂崩れで、、、

山へ行く時は、地盤が安定してからでないと危険ですね。

でも、晴れ渡っているときは、この写真のような景色は見ることはできないし。。。ですね。
でも、安全が一番です。

この景色の向こう側は 何と言う地名ですか?
Posted by すみれ at 2011年06月24日 18:02
すみれさん、いつもありがとうございます。

暑いです。今日も暑いです。


山のあなたの空遠く

「さいはひ」住むと人のいふ。

ああ、われひとととめゆきて、

涙さしぐみ、かへりきぬ。

山のあなたになほ遠く

「さいはひ」住むと人のいふ


剣山系の山々だと思いますが、雨と霧の中を走っていたので、後から写真を見ても、「はて、ここはどこだったか?」です。

ごめんなさい。
Posted by at 2011年06月25日 11:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。