2011年06月11日

美杉峠

P6110032-1.JPG
雨の美杉峠

P6110041-1.JPG
自然の中に生ける

今日の一句
先煙る雨の峠の杉落葉

雨の美杉峠を走った。
那賀町から上勝町への道である。
梅雨の最中、山の空気を満喫した。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
posted by モン太 at 18:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
2日間続いた雨も今朝は太陽が出ています。

「雨の美杉峠」の写真、素晴らしいですね!
この色は、目薬よりも目に良い!
横になって休むより、体に良い!と思っています。

ブラシの木?の赤が強いですが、もわりの大自然の中だから、きっと可愛く見えることでしょう。
瓶がステキですね。
前に、ピラカンサツが映っている 巨大な壺と同じ焼きものですか?

四駆で山の中走れていいですね!
Posted by すみれ at 2011年06月12日 06:27
すみれさん、いつもありがとうございます。

こちらは朝から降っています。予報では大降りになるようです。

昨日、美杉峠を越えてみました。天気がもう一つということもあって、1時間足らずの時間でしたが、すれ違った車はゼロ台。マイロードを走ってきました。

先日、「杉落葉」の句を書きましたが、昨日は、夏の季語「杉落葉」を実感しました。簡易舗装された路面の色が変わるほど、赤い杉の葉でいっぱいでした。

「ブラシの木」です。休憩所の入り口に、近所のご夫婦が挿しに来られていました。靄に霞んだ山々をバックに、真紅の花が、それは見事に浮かび上がっていました。

この瓶の、製作地は確認しませんでしたが、風合い、大きさから判断して「大谷焼」だと思います。

そちらの山々も、素敵なところだと思いますが、比較的未開のこっちの山間部も良いですよ。また、時々アップしますね。
Posted by モン太 at 2011年06月12日 10:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。