2011年06月02日

黙して語らず

P4101361-1.JPG
現在の写真ではありません

今日の一句
青鷺の哲人のごと動かざり

那賀川の堤防を走っていると、
川鳥を見る。
鳥は自然体である。
鴨は悠々と泳ぐし、
鳶はゆらりと風に乗る。
青鷺は黙して一点を見つめる。
そんな風でありたいものだ。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:黙して語らず
posted by モン太 at 11:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日は、一日中肌寒さを感じました。
梅雨なので仕方がないのですが、一日中、冷たい雨が シトシト、、、でした。

<<<青鷺は黙して一点を見つめる。

「青鷺の哲人のごと動かざり」

この鷺は 「男らしい」ですね〜!

ただ、私は 鳥類は、怖いから、ず〜〜と離れて、遠〜くからだけ見ますネ。
何を見て、何を考えているのでしょうね。

Posted by すみれ at 2011年06月02日 18:11
モン太さん お早うございます。

自然体でありたいものですね。心がけたいです。

ところで政治ごっこの茶番劇は昨日終わりましたが、被災地の方が仰っておられた「誰でもいいから早く復興して欲しい」・・・本当に誰でもいいからしっかりして欲しいですね。

政治、官僚、企業・・・バブルのころから全てが劣化して来ているように思います。どうなってしまうでしょうね。
Posted by けんいちろう at 2011年06月03日 07:18
すみれさん、いつもありがとうございます。

そちらは、お天気どうですか。

こっちは、お空さんが必死に堪えています。

明日も「頑張るよ」といってくれました。

明後日は「そんなに面倒みきれないよ」と断られました。

明日出来ることは明日します。
Posted by モン太 at 2011年06月03日 19:17
けんいちろうさん、いつもありがとうございます。

いえ、けんいちろうさん、茶番劇はこれからも延々、続く様相ですよ。彼らは基本的に国民の、弱者の気持ちは絶対に分からないようです。永田町の綱引きは終わりそうもありません。

しかし、驚きましたね。少し前に、国民に「大嘘」をついた人が「ウソはいけません」などと、シャーシャーと言ってのけるんですから。永田町の論理は、やっぱり私達の常識とはかけ離れているんですよね。

政治家に負けずに、コツコツと頑張るしかないです。
Posted by モン太 at 2011年06月03日 19:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。