2011年03月29日

水仙と黄水仙

P3242801-1.JPG
平等寺にて

今日の一句
石仏の招きにゆらり黄水仙

水仙と黄水仙。
俳句の季語から分けると、
水仙は冬、黄水仙は春の季語となる。
植物学的には、
いろいろな解説を見てみたが、よく分からない。
白い水仙が早く咲き、
時期を遅らせて、黄色い水仙が咲く。
少しでも長く楽しませてくれる、
優しい気持ちの花である・・・ぐらいの解釈でいいのかもしれない。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:水仙 黄水仙
posted by モン太 at 08:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
モン太さん、こんにちは^^
今日、今年度最後の完成検査が無事に終わりました(*^_^*)
検査が終わって、ほっとしながら会社へ向かう車の中で、”年度末、モン太さんも忙しくしてみえるかな”と思いながら帰ってきました。
お忙しいと思いますが、どうかご無理なさいませんようにお過ごし下さいね。

今日のお写真、周りの景色の中黄水仙が綺麗ですね^^
Posted by ぴょん at 2011年03月29日 17:13
ぴょんさん、いつもありがとうございます。

完成検査の立会、ご苦労様でした。

検査は緊張しますね。うまくいったようでおめでとうございます。

春になると色々な花が咲いてきれいです。

苦しんでいる人たちがたくさんおられるのに、浮かれてばかりいられませんけれど。

3月も終わりですね。

さて、新年度です。頑張りましょう。
Posted by モン太 at 2011年03月29日 18:14
私は知らなかったんですが、そういうことなんですね?
水仙は、長く楽しませてくれますよね。
ありがたい限りです。
Posted by ツー at 2011年03月29日 21:34
ツーさん、いつもありがとうございます。

日本の四季っていいですね。

被災地も早く日本の自然が戻って欲しいです。
Posted by モン太 at 2011年03月30日 08:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。