2009年09月30日

再び、三度、若者賛歌。

今日の一句
眠き朝まつり煙火のけたたまし

先日の青年もそうであるが、
最近の若者はなかなか良い。
少し前から気になっていた車のワイパーゴムを交換するためカー用品店に寄った。
「ワイパーがビリビリ音を出して、うるさいので交換したいのだが」
というと、
「原因はワイパーだと思いますが、ガラスの油膜かもしれません。洗車は、こまめにされますか」
20歳を超したばかり女性店員が聞いた。
「2週間に1回ぐらいはしているかな」
と答える。
「それじゃ、ガラスの汚れではなく、やっぱりワイパーの不具合でしょう。ワイパーブレードは錆びていませんか。ひどく錆びていたら交換した方が良いので」
「錆びてはいないと思うが、この際、セットで換えておいて」
というと、
「いやいや、錆びていなかったら大丈夫なので、もったいないからゴムだけの交換で良いですよ。ちょっと見てみます」
といって、どしゃ降りの雨の中に出ていった。
「ゴムの交換で大丈夫だと思います」
といい、売り場に戻り、適合品を持ってきた。
「交換してきますので、お待ちください」
と、再び雨中に飛び出していった。傘も持たずに。
あわてて追いかけて、交換作業中、傘を差し掛けてやり、終わるのを待った。
カウンターで精算を済ませ、「ありがとう」と店を出ようとすると、ドアまで一緒に来て、「お気をつけて」と送り出してくれた。
きっと会社の教育も、しっかりと出来ているのだとは思うが、笑顔を伴った会話には人柄が出る。
鬱陶しい雨の中、快適に動くようになったワイパーと女性店員の清々しい笑顔を思いながら家に向かって車を走らせた。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね!!!

blogram投票ボタンいつもありがとう
posted by モン太 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。