2008年07月21日

少年剣道を観戦した。

十何年振りに少年剣道を観戦した。
剣道の試合場は他の競技とは空気が違う。
試合場の独特の雰囲気、それは何だろう。
武器(竹刀)を持っていても所詮スポーツはスポーツである。
であるのに、何かが違う。

剣道の勝負には勝ち負けがない。
いや勝負を競う競技だから勝ち負けはある。
無いのは勝ったときのガッツポーズ、負けたときの落胆の表情。
勝者も敗者も淡々としている。
小学校低学年の剣士でさえ淡々としている。
古来の武道の精神が身に付いて、逞しく見える。

試合場の入り口で試合を終えた選手が立って雑談をしていた。
「静かに座って観戦しろ!」と大きな声が飛んだ。
試合場全体の選手、保護者の背筋がピンと伸びた。

剣道の応援は、他のスポーツでは考えられない伝統がある。
応援は拍手のみ。かけ声も無い。
その分、かえって試合場の空気が張りつめる。
残された日本古来の武道の精神がそこにある。

banner_021.gif読んで下さって有り難う。左のアイコンを押していただけたら嬉しいです。
ラベル:剣道 応援
posted by モン太 at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。