2008年07月15日

すごい運転

 今日、打合せから帰ってくる途中、2台前の車の様子がおかしい。
右側を走っている。運転しているのは、かぶっている帽子から判断して女性のようである。若くはないと思う。助手席におじさんを乗せているようであるから、おばさんと呼ばれる年齢だと思う。枯れ葉マークは貼っていなかったのでそんなにお年寄りではない。
 対向車が来たらどうするんだろう、と観察していたら距離が50メートルぐらいになると、スッと左による。このタイミングは見事なものだ。対向車が過ぎると再び右側に寄っていく。対向車が来ると、またスッと左に逃げ込む。うまい。実に運転がうまい。私のすぐ前の車(乗っているのは青年だと思う)は、遅いので追い越そうとするが、右側は、とても抜けない。それならばと思ったのか、左側を抜けようとする。危ない!。いや、大丈夫。青年が追い越そうとする様子を感じたのか、スッと左に寄った。青年はチャンスと思ったのだろう、右を抜けようとした。すると、おばさんの車も、ジワリ右へ寄る。まるで後ろに眼が付いているみたいである。
 このおばさん、意識してではあるまいが、いや無意識であればなおのこと車の運転に適正を欠いていると思う。今日、2qぐらい追走した間に後ろの私が、2回ほどあっと思ったぐらいだから、事故寸前の場面は多いに違いない。運転免許更新の条件に運転の簡単な実技試験があってもよいのではないか。交通事故には殆どの場合、相手があることだから。

banner_021.gif読んで下さって有り難う。左のアイコンを押していただけたら嬉しいです。
posted by モン太 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。