2008年07月10日

難しい判断させられた

エアコンは直った。
一応、今のところは快調である。
一応というのは訳がある。
修理代に部品代を含めて約1万9千円なり。
こんなものかと思う。
しかし、あとがある。
一応は直ったが、ほかの部品が劣化しているらしい。
この部品は、もう在庫がないという。
ということは、
次に故障したら、ここで寿命。
その時期が明日かもしれないし、1年先かもしれないという。
つまり、
このたびの1万9千円の価値が不明だということ。
それだったら、もう修理をせずに新品にしたらどうかという。

もちろん、この提案は修理前にあった。
難しい判断をさせるものだ。
何も言わずに、修理してくれれば良かったのに。
修理屋さんも善意で言ってくれたのはよく分かる。

結局、一世一代の勝負に出た。
明日かもしれないし、もっと使えるかもしれない。

今はもう、そっと優しく見守ってやるしかない。
長生きしてくれよ。

banner_021.gifランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします
posted by モン太 at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。