2012年03月30日

四つ葉のクローバー

P3290110-1.JPG

P3290092-1.JPG

P3290096-1.JPG

P3290082-1.JPG

今日の一句
空青しそこに四片のクローバー

春休みである。
小学低学年の孫達、暇を持て余している。
「じいちゃん、仕事?」
下のが、事務所に顔を出した。
片手に虫取網を持っている。
「蝶蝶捕りにいこ}
言いだしたら後へ引かない。
こうなると弱い。
「忙しいから、ちょっとだけよ」

「虫かごが無いんよ」
「去年のが、どこかにあるだろう、探してみ」
「探したけど無いよ」
結局、ホームセンターへ向かう。
虫かごを2個買ってレジへ、
「網、余分に一個買っとこか?」
下のが、ちゃっかりと言う。

それから1時間余り、付き合うことになる。

最初は、渋々だったが、
春の野道をゆっくりと歩くのも、たまにはいい。
煩雑な日常では、感じること無い路傍の風景。
名も知らぬ草たちの可憐な姿。
花弁を這う小さな虫たち。

クローバーの集団の中に、
見つけたのだ。
四つ葉のクローバー。
四つ葉?
きっと四つ葉だ。
三つ葉半?
いやいや、四つ葉だ。

蝶蝶捕りを切り上げて帰ったら、
ケイタイが鳴った。
仕事の依頼。

やっぱり「四つ葉のクローバー」だったのだ。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:クローバー
posted by モン太 at 09:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

今日は穏やか

P3280080-1.JPG

今日の一句
春凪ぎし川面映しぬシンメトリー

朝方の肌寒さはあるが、
今日は春らしく穏やかだ。
孫を送って帰りに、
堤防を走ったら、
川面に映る橋が、
くっきりと鮮やかだ。

年度末の仕事も終わり、
ホッとしているが、
ホッとしているばかりではいけない。
新年度へゴー!!!

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル: シンメトリー
posted by モン太 at 09:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

3月句会

P2035010-1.JPG

P2035003-1.JPG

今日の一句
川の面の影を際立て春深む

3月の句会がありました。

特選
咲くや咲くつらつら椿海凪し

入選
ひととせや陽はまた昇る春の中
雫して木の芽しとどに小糠雨

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:俳句
posted by モン太 at 19:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

風の色

P3110041-1.JPG

P3110037-1.JPG

今日の一句
回廊に梅花とけ込む風の色

梅林の梅は満開だそうだ。
年度末の追い込みで観梅の気分にはなれない。
昨日、親戚の法事の後の食事で、行ったお店。
一本の木に紅白の梅が咲いていた。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:風の色
posted by モン太 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

雨しとど

P3090026-1.JPG

P3090025-1.JPG

今日の一句
雨しとど木の芽しずくの留まざる

しとど
【副】(多く「に」を伴って用いる。古くは「しとと」か)はなはだしく濡れるさまを表す語。びっしょり。ぐっしょり。じとじと。
補注
「しとしと」は雨の降るさまや、静的なさまを表し、「しとど」とは意味の違いが認められ、また、用例の上からも「しとど」の方が古いところから、「しとしと」から「しとど」が成立したとは考えられない。
以上「精選版 日本国語大辞典」より拝借

とすると、今日の一句はおかしい。
雫して木の芽しとどに雨降りぬ

これでいかがでしょうか?

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:雨しとど
posted by モン太 at 13:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

咲き競う

P3050021-1.JPG
白梅に

P3050019-1.JPG
紅梅に

P3050018-1.JPG
そして桜

今日の一句
遅き日や薄紅に咲き競いけり

寒さはまだ残る。
それでも日暮れは確かに遅くなっている。
仕事で訪れた少し登ったところ。
門先に大きな白梅の木がある。
七分咲きといったところか。
目を移すと20メートルほど先に同じような木がある。
ご主人に「あそこのも立派」といった。
「あれは桜だよ」という。
三分ほど咲いた桜である。
遠目には区別が付かない。
そして桜の下に鮮やかな紅梅が。

得をした夕刻であった。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:
posted by モン太 at 19:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

春の予感

P3030232-1.JPG

今日の一句
空の下「春の予感」の歌を聴く

外が幾分か明るくなって、
久々にレィディオのスィッチを入れた。
パーソナリティーが陽気を察知して、
昔に流行った流行歌の曲紹介をしている。
「春の予感」

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:春の予感
posted by モン太 at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。