2011年12月29日

徳島中央公園

PC284809-1.JPG
昔を偲ぶ

PC284817-1.JPG
残る紅葉

PC284799-1.JPG
クロガネモチの木

今日の一句
城塁に燃えて影なす冬紅葉

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:徳島中央公園
posted by モン太 at 11:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

穏やかな一日

PC270078-1.JPG

今日の一句
冬晴や遠き山々たぐり寄せ

打って変わって、
風もない暖かな一日だった。
予報によると、
年末年始は良さそうである。
激動の一年、
穏やかに暮れて、
次の一年、
穏やかに明けて欲しい。

政局を見てると、
そうもいかない??
激動は、
もうゴメンだ!!

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:穏やかな一日
posted by モン太 at 16:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

美杉峠

PC224789-1.JPG

PC224785-1.JPG

PC224795-1.JPG

今日の一句
凍る風の銘碑にあたる峠道

那賀町に仕事で行く。
来た道をそのまま帰るのも味気ない。
美杉峠を越え上勝町へ下りる。
標高700メートルの峠。
道はほぼ舗装されている。
越える途中に一台の対向車にも会わない。
ススキの穂もほぼなくなり、
木々(広葉樹)の葉もほとんどが散っている。
上勝へ下って少し時雨れた。
道路脇の桜に花があった。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:美杉峠
posted by モン太 at 12:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

句会の日

PC180041-1.JPG
吊し柿

今日の一句
干柿の程よく痩せて風に揺れ

18日の日曜日、句会があった。
会場となっている主宰のお宅。
ベランダの窓に、柿が吊られている。
主宰が一言、吊し柿のことをいわれた。
そして、その場で詠んだのがこの句。
句会に投句しようかと思った。
が、止めた。

乾き皺ゆらす夕陽の吊し柿

当日の主宰の一句である。
柿の観察から、周囲の情景の表現まで比べるに値しない。
出さなくてよかった?
かな?

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:俳句 吊し柿
posted by モン太 at 08:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

タイワンフウ

PC134769-1.JPG

PC134751-1.JPG
幸町公園の紅葉

今日の一句
静寂に落葉を踏みて空見上ぐ

木は「タイワンフウ」というらしい。
市役所横の公園に見事に紅葉している。
ベンチに数人がいる。
ビジネスバッグを横に置いたサラリーマン風。
散歩中の犬を連れたお年寄り。
シーソーで子供の相手をしているお母さん。
どの人も皆、絵の中の人物に見える。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:タイワンフウ
posted by モン太 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

橋浮きぬ

PC134746-1.JPG
冬の明け方

今日の一句
橋浮きぬ冬暁の雲の間に


banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:鉄橋
posted by モン太 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

皆既月食

今日の一句
月食の空一面に冬の星

昨夜はきれいな空だった。
月食もさることながら、
冬の空の神秘なこと。
ザラザラと撒いたように、
散らばる星の神秘なこと。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:皆既月食
posted by モン太 at 21:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

みぞれ降る

P2120284-1.JPG
冬の入江

今日の一句
脳天を叩くがごとき霙降る

外の様子が少しおかしい。
と思ってドアを開ける。
みぞれだ。
白い粒がアスファルトを叩く。
駐車場のプラスチック屋根を叩く。
すぐに止んだ。

そして、またまた「お勉強」の時間。
以下、Wikipediaより拝借。

霙(みぞれ)
地上の気温が0℃以上でかつ上空1500mで-6℃以上-3℃未満のときに霙として降ってくることが多い。雨が雪に変わるときや、その逆のときによく見られる。 霙は気象観測の分類上は雪と同じ扱いとして記録される。 ※例えば、雪より先に霙が初めて降ったときは、それが初雪となる。 ※ちなみに、雨が凍ったり雪が一部溶けて再び凍ったりするなどしてできた霰(あられ)が降ることがあるが、霰が降っているときは、雨と雪が降っていても天気記録は霰(あられ)となる。

霰(あられ)
氷粒子に過冷却の雲粒子が衝突して凍り付く過程を繰り返して形成される。
雪あられと氷あられに区別される。「雪あられ」は雪の周りに水滴がついたもので白色不透明。気温が0度付近の時に発生しやすい。「氷あられ」は白色半透明および不透明の氷の粒。発生原理は雹と同じで、積乱雲内で発生する。ともに地面に落下すると、パタパタと音を立てる。
凍雨を含めて、あられと総称することもある。また、単にあられと言った場合、雪あられをさすこともある。
気象庁の定義によると、降雪や積雪は、あられによるものも含まれるので、実際には雪が降っていなくても、観測上は降雪や積雪が記録されている場合もある。
なお、天気予報の予報文では雪あられは雪、氷あられは雨として扱う。ただし、実際に雪あられや氷あられが降っても、観測上はあられであり、雪や雨が降ったとは言わない。

雹(ひょう)
雹は激しい上昇気流を持つ積乱雲内で生成する。そのため雷とともに起こることが多い。
雹は空中で、落下して表面が融解し、再び上昇気流で雲の上部に吹き上げられて融解した表面が凍結することを繰り返す。その過程で、外側に他の氷晶が付着したり、過冷却の水滴が付着し凍結したりして、だんだんと氷粒が成長していく。そのため、大きな雹を割って内部を見ると、融解後に凍結した透明な層と、付着した氷晶の不透明な層が交互にある同心円状の層状構造をしていることが多い。成因は氷あられと全く同じであり、氷あられが成長して雹になる。
雹は成長するにつれてその重さを増していく。その重さを気流が支えきれなくなったり、上昇気流が弱まったり、強い下降気流が発生したりした時に、地上に落下する。
雹は積乱雲の発生が多い夏季に多いが、地表付近の気温が高いと完全に融解して大粒の雨になってしまうので、盛夏にあたる8月前後よりも初夏の5月〜6月に起こりやすい。また日本海側では冬季にも季節風の吹き出しに伴って積乱雲が発生するので降雹がある。

氷雨(ひさめ)
氷雨(ひさめ)は、空から降ってくる氷の粒のこと。あるいは、冬季に降る冷たい雨のこと。気象学で定義された用語ではない。
気象学では、氷の粒の直径が5mm以上のものを雹(ひょう)、5mm未満のものを霰(あられ)と呼ぶ。


さてさて以上の区別、私、建築士の専門分野ではない。
従って、読んでいてもよく分からないので、専門知識に関しては気象予報士の勉強をされた方々に降参するとして、俳句の季語の扱いについては心得ておくことにする。
霙(みぞれ)・・・冬の季語
霰(あられ)・・・冬の季語
雹(ひょう)・・・夏の季語
そして、
氷雨(ひさめ)・・・夏の季語、いやいや冬の季語???

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。

ラベル:
posted by モン太 at 17:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

冬の夜空

P2050258-2.JPG

今日の一句
藍調のカンバスに描く冬の月

眠れない夜に外に出てみる。
昨夜の月よりは少しだけ満ちた。
寒さを覚えずにしばらく見上げていられる。
ケプラー22bのニュースが流れた。
地球とよく似た星。
地球から600光年の場所にあるそうだ。
スペースシャトルで行くと2200万年かかるらしい。
夢やロマンはあるが気の遠くなる話だ。
ラベル:冬の夜空
posted by モン太 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

年末の雰囲気がない。

P2050265-1.JPG
公園の夜

今日の一句
凍月の浮かびし藍のなお深し

毎年、こんなものだろうか。
年末の気配がない。
年賀葉書が売り出され、
早速買ったが包装のまま、そこにある。
年末ジャンボも発売中だが、
まだ買っていない。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。

年始に、おみくじで、
「凶」を2回も引いた今年ももう少し。
万歳三唱して今年を終わろう。
ついでに2億円(前後賞は要らない)をゲットして。
そして来春は「大吉」を2回引いてやろう。

年末年始、めでたしめでたし。チャンチャン。
ラベル:年末
posted by モン太 at 10:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

俳句のページ

お知らせ

モン太こと私、俳句のページを作りました。
俳暦の短い私ですが、過去の作品の中から気に入ったものをアップしていきます。
よろしかったら覗いてみて下さい。左のリンク「モン太の俳句集」から行けます。
なお、ここ「団塊モン太の悪あがき日記」は今まで通り、出来る限り更新をしていきますので、相変わりませず、ごひいきにして下さいませ。

団塊モン太

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
posted by モン太 at 15:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

師走ですよ!!

PB150011-1.JPG

今日の一句
湯屋窓に冬三日月の尖りけり

いよいよ最後の12月。
師走といえば慌ただしい印象なのに、
ここ数年、師走が師走でなくなった。
来年こそ、この閉塞感から脱皮できる年になりますよう、
期待を込めながら、残った1ヶ月を働こう。
と、思っています。

(師走)
辞書を引いてみると

陰暦の12月をいう。・・・・・・・と書いてある。
太陽暦の12月にもいう。・・・・・ともある。

ということで、上の投稿記事は「問題なし」として許して下さい。
ラベル:師走
posted by モン太 at 08:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。