2010年12月30日

いよいよですね。

PC170013-1.JPG
マリンピアにて

今日の一句
年の瀬の今朝も変わらぬ空の色

年末だ、正月だと言ったって、人が勝手に騒いでいるだけなのだ。
刻まれる刻も1秒は1秒であるし、逆走など決してしない。
流れる時の中の一部に違いないのだから。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:年の瀬
posted by モン太 at 23:20| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

影長し

PC290002-1.JPG
わが家の庭にて

今日の一句
冬木立斜陽の影のくっきりと

年末年始の天気はどうなのだろう。
天気予報をみていると、日本海側は大荒れが続きそうだ。
そして、当地の具合が微妙だ。
予報をみても「お日様」と「雲マーク」が並ぶ。
しかし、解説を読むと「山間部は雪になることもある」。
これが困るのだ。
札所を回って、遠出をしてみようと思っている。
札所には山岳寺もある。
やっぱりやめておいた方が無難かもしれぬ。
いやいや、仕事が始まれば、しばらく遠出などできない。

まだ少し日がある。
悩んでもしようが無い。
その時になって考えるとする。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
posted by モン太 at 13:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

餅つき

今日の一句
電動の餅つき猫の手も要らず

今年も恒例の餅つきが終わった。
妻の準備で、
妻の主導で、
妻の片付けで、
全て終わった。
私は、
火の番をしただけで終わった。
いい年が来ますように。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:餅つき
posted by モン太 at 16:30| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

阿弥陀様建立

PC232693-1.JPG

PC232692-1.JPG
阿弥陀如来・建立

今日の一句
金色の御影いま建ち年暮るる

一昨日の会合で友人に阿弥陀如来建立の話を聞いた。
四国霊場第6番安楽寺。
高さ5メートルの金色の阿弥陀如来像。
作者は仏師、松本明慶氏。
これは是非、見学しなければと思った。
わが家から2時間足りずの距離である。
昨日、お寺に着いたのが午前10時45分。
11時から建立が始まると聞いていた。
大きなお寺である。
友人はまだ来ておらず、境内で工事はしているが建立の様子はない。
そのうちに友人も到着し、親しい住職さんに話を聞く。
京都からの搬送が少し遅れているらしい。

トラックが着いたのが12時前である。
すぐにお寺に搬入する準備が始まった。
鉄筋コンクリートの建物の天井に電動滑車を取り付ける。

まず台座の位置を入念に決める。
一度、建立してしまえば何百年もその位置である。
周囲の空間の状況や、通路から見上げたときの状態を確認する。
明慶氏も来ておられ、住職と細かな打合せをしている。
台座の位置が決まり、据えられた。
その上に蓮の花(多分)が置かれる。
全て金色である。
そして胴体を電動滑車で起こし、吊り上げて、蓮の上に据える。
次に「お顔」、「両手」。
最後に光背をつけて建立が終わった。

この間、建立に立ち会えたのは20人ほどであった。
途中から、寺の増築工事に京都から来ていた宮大工も見学に加わった。
建立の話は直前まで、どこにも伝えられていなかったそうで、見学者が少なかった。
仏像の製作当初からテレビ局が追いかけているらしく、昨日もスタッフが来ていた。
今後、絶対に会えない機会に出会えたことは大変有り難い。

最後に住職はじめ僧侶の方々、工房の人たち、見学の皆さんと輝く阿弥陀如来の前で読経をして、住職のお話を聞いて貴重な半日が終わった。

仏師/松本明慶(まつもと・みょうけい) 1945年生まれ(60歳) 京都府出身 平安・鎌倉時代の天才仏師、運慶・快慶の流れをくむ「慶派」の継承者

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
posted by モン太 at 14:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

賀状書く

PC160004-1.JPG
師走の駅前

今日の一句
事無げに賀状はき出すプリンター

しばらく例年通り続けようと決めた年賀状。
撮り貯めた写真を加工して、新年の句を一句。
図柄も決まり、プリンターに葉書をセット。
宛先を指定してやれば、次から次へと、はき出されてくる。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:年賀状
posted by モン太 at 11:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

忘れないうちに

一句
北風の蹴散らし行きし波頭

帰りの車の中で浮かんだ一句。
お粗末。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:波頭 北風
posted by モン太 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『古暦』

追憶-1.JPG
追憶

今日の一句
残す日を数え夕べの古暦

古暦。
歳時記を見ると、
正確には新年になってから、旧年の暦をさしていうのだが、12月も押しつまって、新しい暦が配られたりすると、使用中のものでも古暦という感じがしてしまう
と説明されている。新年の季語に「初暦」があるので、冬の季語として、今の時期に「古暦」は正解だと思う。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:古暦
posted by モン太 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

眉山山頂にて

PC190039-1.JPG
眉山山頂にて

今日の一句
紅白の葉牡丹広く空青し

彩色のないこの時期に葉牡丹の寄せ植え。
眉山山頂に行ってみました。
雲のない空の下。
和みます。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:眉山 葉牡丹
posted by モン太 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

良い天気だったので

PC180027-1.JPG

今日の俳句
昇る日に冬将軍の頬緩み

底なしの渕に映りし枯すすき

車で40分の上流で打合せがあった。
仕事を終えて、
折角だから、更に40分上流へと走る。
紅葉もほぼ終わり、山はすっかり冬の様相を呈している。
道路脇に「景勝地」の小さな看板を見つける。
以前からの経験で、
小さな人目に触れにくい看板は見逃してはならない。
辿って行くと、ビックリするような景色に出会う。
着いたところは「虻ヶ渕」。
昔の那賀川上流からの筏流しの難所であったらしい。
緑色の水を溜めた渕は底が見えない。
ほとんど散ってしまった広葉樹の枝や、静かな風にそよぐ枯芒が水面に映ってこの季節独特の風景である。
持っていたコンデジに風景を切り取った。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
posted by モン太 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

青空なのですが

PC170009-1.JPG

今日の一句
陽光の凍る野面に隔たりし

青空で、お日様も顔を出してくれています。
それでも、今日は寒いです。
信頼できる気象予報によると、今年は何年かぶりに冬らしい冬になるそうです。
私もそのつもりで中期計画を組みます。
予報を信頼してみます。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
posted by モン太 at 11:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

寒波来ぬ

PC160001-1.JPG
今朝の空

今日の一句
アンテナの悲鳴聞くほど寒波来ぬ

今日は寒いです。
事務所のエアコンは以前に壊れたままで修理をしていません。
一応は修理を検討して問い合わせたのですが、何しろ20年前の製品なので部品が無いということで駄目でした。
新しいのに取り替えようと思いましたが、冷房だけはできるのでそのまま使っています。ただし、冷房も温度は一定で調節ができない状態ではあるのですが。
あと何年、ここで仕事ができるのか分からないという判断で今にいたっています。

そんなわけで、今日は膝掛けをして、頂き物の電気ストーブをグッと近くに寄せて仕事をしています。
キーを打つ手は冷たくなって、卓上が狭いからということで選んだ小さめのキーボードのキーを度々打ち間違える始末です。
いま電気ストーブを「弱」から「強」にしました。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
posted by モン太 at 09:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

昨日の2句

昨日の2句
鉄橋の並ぶ野鳩に時雨来る

気の淀み見え隠れせし冬の鳥

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:俳句
posted by モン太 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

年の暮れ

PB290235-1.JPG
生垣の中に

今日の一句
数え日の生垣伸びて整おり

近所で槙の生垣を整えている。
年の暮れの風景である。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。

ラベル:生垣
posted by モン太 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

もう少しどうにかならない?

PB170021-1.JPG

今日の一句
ウインドを叩く時雨や今発ちぬ

今日は寒かったですねえ。
国の方では、どうなっているんだろう。
学歴や経済力は立派な人たちが、誰が見たって程度の低いことばかりやっている。
悪いのは、その人たちを選んだ私達だから仕方がないといえばそれまで。
本当にこんなのでいいの?

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:もう少し
posted by モン太 at 18:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

音 2句

P9220033-1.JPG

今日の2句
梢泣く音の絶えなき夜半の冬

霜の朝カタリと朝刊届きけり

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル: 朝刊 夜半の冬
posted by モン太 at 14:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

群青の空

PC040320-1.JPG

PC040322-1.JPG
高原・暮れゆく

今日の一句
枯すすき群青の空影となり

群青色(ぐんじょういろ)とは、やや紫みを帯びた深い青色。ウルトラマリンブルー(ultramarine blue)と同一とされることもある。単に群青(ぐんじょう)あるいはウルトラマリンと呼ばれることもある、顔料のウルトラマリンブルーや顔料の群青とその色とを区別する場合は「色」をつける。なお、ウルトラマリンには様々な種類があり青色のウルトラマリンはその一つに過ぎない。・・・Wikipediaより・・・

以上のように群青は海に起因する色のようである。
それなら空の色の形容に使用するのは間違いなのだろうか。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:群青の空
posted by モン太 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

初冬の高原にて

PC040325-1.JPG
コバルトの空

今日の一句
コバルトの空に地平の冬茜

昨日、設計資料を受け取って、仕事を終えたのが午後3時30分。
今から走ればきっと間に合う。
高原のコバルトブルーの空に惹かれる。
コンパクトデジカメなら持っている。
行ってみよう。
走ること40分余り。
高原に着いたのが4時過ぎ。
上は寒い。
それほど強くもない風に風車は回っている。
暮れていくのを待つ。
他に一台の四駆が居る。
同じ目的できたのに違いない。
やがてコバルトブルーの下にほんのりと赤く染まる冬の空。
山々の稜線をくっきりと現し、それが足元に見える。
やがてここも凍結で上がれなくなる。
良い光景に出会った。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
posted by モン太 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

リズム発表会

PB230221-1.JPG

今日の一句
仲冬の庭の日だまり風和ぐ

午前中、幼稚園の「リズム発表会」があって見てきました。
下の孫が幼稚園の年長さんで、昨夜から「じいちゃん、ばあちゃん見に来てね」といわれていました。
内弁慶で、外でおとなしいと思っていた孫の堂々とした演技に驚き、安心もしました。
4月からは小学生です。
兄弟揃って、健やかに成長して欲しいものです。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
posted by モン太 at 12:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

竜巻注意報

PC030249-1.JPG
昨夜の風雨で・・・

今日の一句
荒天を過ごして朝の冬晴れる

すごい天気でした。
昨夜、テレビのテロップに「竜巻注意報」がしきりに流れた。
「・・・地方に竜巻注意報が発表されました。1時間以内に竜巻が発生することがあります」のように流れた。
やがて突風と豪雨である。
日頃、気象予報を程よく信じていない私も「さすが」と思った。
しかし、今朝になってよくよく考えてみると違ってきた。
1時間前に発表されたって、何の備えもできないではないの。
願わくば、
昼頃に、「今夜、竜巻が発生します」とやって欲しいものである。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:竜巻注意報
posted by モン太 at 10:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

晴々と

PC020247-1.JPG
晴れた空

今日の一句
凍て明けし空の青さに両手差す

今日も良い天気です。
胸一杯美味しい空気を吸いましょう。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
posted by モン太 at 12:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

冬の鳥

PB230224-1.JPG
落ち葉

今日の一句
枝ゆすりチチチと鳴きし冬の鳥

ポカポカの冬日和。
まだ葉の残るサクラの枝を雀が飛び移る。
一句詠みたいが「雀」は代表的な春の季語。
そして苦し紛れに詠んだ句。
歳時記には、
「冬の鳥」
冬に見られる鳥の総称である。冬の生活をしている鳥という意味である。
とある。
それならば胸を張ってオーケー。
ところがもう一つ。
「小揺すりし」について、
苦し紛れに使ったが、
こんな日本語は辞書にない・・と思う。
ただ、この救済措置が通用するかどうか。
「俳句の省略手法」
俳句では17文字という限られた音で表現をしなければならないため、不用な言葉の省略が重要視される。体言止めにより動詞や助詞を省略したり、助詞で止めて後に来る動詞を省略したりすることが多い。また、測可能な言葉を省くことにより、余韻を残したり時間的な「間」を表現することにもなる。Wikipediaより。

banner_021.gif ポチッと応援よろしくね。
ラベル:冬の鳥
posted by モン太 at 18:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。