2007年11月02日

人口(魚数)密度

熱帯魚を飼い始めて4年になる。熱帯魚と言ってもそんな大層なものではない。水槽が2つあって片方にはエンゼルを、もう片方にはテトラの種類を入れている。もともと飼い始めた理由というのは、それまで犬(ポインターの雌)を飼っていて、何故か急死した。食欲の旺盛な犬だったので、たぶん散歩の途中で何かいけない物を拾って食べたに違いない。犬が死んだとき妻が「しばらく犬はやめよう」と言ったこともあって飼うのをやめた。
人間相手の雑多な生活の中にあって、ほかの生き物とふれ合うことの重さを実感したのはその時であった。外から帰ってくると小屋から出て尾を振り振り迎えてくれた。それが無くなった途端少しの寂しさがあった。そんなこともあり熱帯魚を飼い始めたのである。
観賞魚なんて、文字通り見て楽しむ程度のものとしか思っていなかった。ところが飼ってみると面白い。今は朝に一回だけ餌を与えているが、その時刻になると私の姿(或いは足音)か何かは分からないが水槽のコーナーに寄ってくる。食べるという本能を持つ動物なら当然なのかもしれない。しかし寄ってくるのはその時だけ。その他の時刻には悠然と泳いでいる。
エンゼルも4年前のが現在2匹いて、今では子供の手より大きくなった。不思議な事がさらに一つある。専門家にいえば当然な事だと言われるかもしれないが。エンジェルの水槽に現在、エンゼル3匹と別の魚(名前が分からない)1匹合わせて4匹がいる。今まで何回か増やしてみたが、しばらくは生きていてもやがて死んでしまう。いつも4匹か5匹の人口いや魚数。これはもう一つの水槽でも同じである。多くすると何匹か死んでしまう。なんでそうなるのかは分からないが現在、2つの水槽で17匹が共同生活をしている。
posted by モン太 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。